健康な体づくりは大切|心筋梗塞などの恐ろしい病気を予防しよう

生活習慣を見直そう

病院

高脂血症は症状がないので、健康診断などで突然判明する事がほとんどです。高脂血症の治療は動脈硬化の予防の他に糖尿病や高血圧の予防にもなります。日々の食生活と運動不足が大きい原因なので生活習慣の改善はとても重要です。

Read More

加齢によって起こる骨折

医者

骨粗鬆症の予防が大事

高齢者になると体の中にあるカルシウムが徐々に減少していってしまいます。これは骨粗鬆症と呼ばれる症状であり、骨が脆くなってしまいちょっとした衝撃によって骨折してしまうことがあります。これは圧迫骨折と呼ばれる状態であり、重い物を持ち上げた場合や人によってはくしゃみをするだけで圧迫骨折してしまうこともあります。いつの間にか骨折していることがある圧迫骨折は圧倒的に女性に多く見られる症状であり、これを防ぐには骨粗鬆症を予防することが何よりも重要です。カルシウムを積極的に摂取することも大切ですが、適度な運動も効果的です。しかし、これはあくまでも予防する方法であり一度弱くなってしまった骨を強くするのは難しいので薬での治療も検討する必要があります。

今後は増加することも

骨粗鬆症が原因でいつの間にか骨折してしまう圧迫骨折は、65歳以上の高齢者に多く見られる症状です。1年に90万以上もの人が発症しているとされており、50歳を超えた辺りから発症するリスクが高まるとされています。急激に強い痛みに襲われるものの、しばらくすると治まってしまうこともあるので骨折していることに気が付かないこともあります。しかし、放置していると徐々に腰が曲がってきてしまったり骨折した箇所が神経を圧迫することによって麻痺を引き起こしたりする危険性もあるので注意が必要です。高齢者の急性腰痛は高い確率で圧迫骨折であるとされており、高齢化社会が進む中で今後は寝たきりや要介護の原因となってしまうと危惧されています。

高齢者の中には、骨粗鬆症以外にも、心筋梗塞や脳梗塞など様々な病気にかかりやすくなります。心筋梗塞や脳梗塞を引き起こさないためにも、日々健康な体を作ることが大切とされているのです。

声のかわりになるもの

カウンセリング

咽頭がんになると声を出すことが難しくなる場合があります。その時に使えるのが喉の筋肉の振動を言葉にかえる器具です。自分の健康な頃の声が戻るのではないので、そのことを理解した上で器具を使いこなすと日常生活でもうまく使いこなせるでしょう。

Read More

昼間に爆睡するなら検査を

看護師

朝の頭痛や急激な眠気、慢性的な疲労感などの症状に悩んでいる人は、睡眠時無呼吸症候群 になっている可能性があります。症状が長く続くようであれば、内科などの医療機関などで検査を受けるようにしましょう。睡眠時無呼吸症候群の症状として代表的なのがいびきなので、いびきぐせのある人は注意するように心がけましょう。

Read More