健康な体づくりは大切|心筋梗塞などの恐ろしい病気を予防しよう

声のかわりになるもの

カウンセリング

工夫次第で生活しやすい

咽頭がんになり出せない言葉をかわりの器具を使えば相手に伝わるのです。ただし、健康な時の声がそのまま出せるわけではないことに留意しておく必要があります。はじめは違和感があるかもしれないのです。使わない時は伝えたい言葉を文字にして伝える方法があります。この場合はその時言いたい言葉を思いつきで伝えるのは難しいものです。咽頭がんで使える器具は言いたい言葉をリハビリしながら自分のものにしていくことが出来るのです。そう考えると多少の違和感を乗り越えて新しい世界に向かって歩き出すことが出来るのです。生きていく中で相手に気持ちを伝えることはとても重要になるのです。これが出来るから一人で考えることはなくなるのです。

音の違和感

咽頭がんになった時は声を出せないことが一時的に起きることがあります。しかし喉の振動を音にかえることが出来る器具を利用すれば、声が出せない状況に気落ちする必要がありません。専門器具の購入に関しては、咽頭がんの治療を担当してくれる内科や外科に相談すると、詳細な情報を得られます。器具を使いこなせば、いままでと同じように相手に気持ちを伝えることが可能です。自分の意思を伝えることが生活をしていく時には欠かせないことだといえます。そのため、声が出せない状況に頭を悩ませる人は少なくないでしょう。しかし、きちんと医師に相談した上で器具を使用することで、日常生活を送るのに支障がないレベルでの意思疎通が可能となります。この器具を使いこなすためには、きちんと練習することが必要です。病院のリハビリに通いながら、器具の使用技術を習得出来るように努力しましょう。習得に行き詰まった時には、一人で悩まずに、リハビリ担当の医師に相談して、ストレスを溜め込み過ぎないようにするとよいでしょう。